借地権とは

借地権について知らない方に説明する前に、まずは借地権の借地の部分の定義についてお話しします。そもそも借地とはその名の通り土地の所有者が持っている土地を借りている権利の事です。そのため、単に土地を借りて居れば借地権が発生するのかも知れないと思っている方もいらっしゃいますが、借地している状況によっては借地権が発生しない可能性もあります。

借地権の定義として最も重要なポイントが、土地をただ借りている状態ではなく、家などの建物を建てて所有する事を目的に借りる事です。他にも土地を借りる目的は電柱を立てる事や田や畑を工作する事など様々です。また土地を借りる時にお金を支払って借りているか無償で借りているかによっても借地権として発生する権利が全然変って来てしまいます。そのため、一般的には土地の所有者から建物を建てて利用する目的で土地をお金を支払って借りている状態で発生する権利を借地権と呼ぶようにしています。その為、借りていれば全てが借地権としての権利があるのかどうかは、それぞれの土地の賃貸借状況に照らし合わせない判断は難しくなっております。

他にも借地権については知っておいて欲しい事が沢山あります。例えば借地権の売買などはとても判断が難しい部分もあり、素人の方には難しいと思いますので、借地権の売買が出来るかどうかなどについてもご紹介します。将来的に安く一軒家を借りようと思ったら、借地権の入っている家を購入するという選択肢もでてくると思いますので、ぜひ参考にしてください。