借地権の売買の注意点

借地権を売却するような場合には、土地の所有者の承諾が必ず必要になりますので、借地権を売却する前に必ず、土地の所有者に借地権を売却しても良いか、その意向を確認しなければいけません。時々、土地の所有者が、借地権を使わないのなら、一旦所有者に返却して欲しいという事もありますので、最初に確認しておく事が重要になります。

土地の所有者が第三者への借地権の売却を許可してくれた場合には、借地人は借地権付き建物を第三者に売却する事ができるようになります。借地権付きの建物を売却する時には、土地の所有者から借地権譲渡の承諾書を事前にもらう必要があります。この順番が前後してしまうとトラブルの原因になってしまします。

どうしても土地の所有者から借地権付きの土地の売却をする事の許可が貰えないような場合には、裁判をする必要があります。しかし裁判を行うような場合には、借地非訟裁判の手続きが必要になり、この借地非訟裁判の手続きは、その借地権付きの建物を買い取りたいと言っている人がすでに決まっている必要があるなどかなりハードルが高い状態になっているのは間違いありません。そのため、借地権付きの建物を売却する場合には、最初に土地の所有者との話し合いをしっかりと行い、人間関係を友好にしておく必要があります。借地権の売買は、個人の知識もある程度必要になりますが、トラブルになることが多いです。もし、こじれてしまった場合には専門の知識を持った不動産会社や弁護士に相談することをおすすめします。

関連サイト>>借地買取りドットコム
借地権の売買について専門の知識をもっている不動産業者のサイトです。

借地権とは

借地権について知らない方に説明する前に、まずは借地権の借地の部分の定義についてお話しします。そもそも借地とはその名の通り土地の所有者が持っている土地を借りている権利の事です。そのため、単に土地を借りて居れば借地権が発生するのかも知れないと思っている方もいらっしゃいますが、借地している状況によっては借地権が発生しない可能性もあります。

借地権の定義として最も重要なポイントが、土地をただ借りている状態ではなく、家などの建物を建てて所有する事を目的に借りる事です。他にも土地を借りる目的は電柱を立てる事や田や畑を工作する事など様々です。また土地を借りる時にお金を支払って借りているか無償で借りているかによっても借地権として発生する権利が全然変って来てしまいます。そのため、一般的には土地の所有者から建物を建てて利用する目的で土地をお金を支払って借りている状態で発生する権利を借地権と呼ぶようにしています。その為、借りていれば全てが借地権としての権利があるのかどうかは、それぞれの土地の賃貸借状況に照らし合わせない判断は難しくなっております。

他にも借地権については知っておいて欲しい事が沢山あります。例えば借地権の売買などはとても判断が難しい部分もあり、素人の方には難しいと思いますので、借地権の売買が出来るかどうかなどについてもご紹介します。将来的に安く一軒家を借りようと思ったら、借地権の入っている家を購入するという選択肢もでてくると思いますので、ぜひ参考にしてください。